”Setロゴマーク”
2020年12月17日  |  Column

個性が現れる幻のページ 404

みなさんこんばんは!
Setのディレクター 高野です。

僕は前にも書いたように、イベント業界からの転職ということで仕事でwebデザインに触れたのは4月ごろからになります。
入ってみると全然わけわからないことが多く、「ドメインって何?」からのスタートでした。
そんな中で個人的に結構衝撃だったのが、「404ページのデザイン」でした。

webを利用していてたまにエラー表記に出会うことがあるけど、よくあるのが「Not Found」って書いてある淡白なものばかりでこのページにデザインというものが存在しているとは思わなかったです。
自社HPを作っていたときかな?「404ページどうする?」という会話が出てきたときに、「え?404ってデザインするの?」って感じでした。結構衝撃。ということで、なんとなく調べた範囲でピックアップしてみようと思います。(中には古いものもあるかもしれません。ご了承ください)

 

404デザイン

Google

この間サーバーダウンしたときにびっくりしました。45分で復活するなんて!!Googleでも落ちるときは落ちる。
そのときにみたデザインが、意外とシンプルでびっくりしました。下の画像は404ではなく500らしいけど、まあ伝わりやすいシンプルなデザイン。

Youtubeのエラーは、なぜおさるさんなんだろ?これは謎!!

 

Dropbox

dropboxの404デザインは、「ペンローズの階段」みたいにレイヤーや手前と奥が入り組んでいる箱がデザインされています。
なんか面白い。色味とか好き。

https://www.dropbox.com/ja/

Coca Cola

コカコーラの赤色が使われているのはもちろんだけど、0の部分が缶を上から見たイメージになっている。
コカコーラであるってことがわかるデザインで統一感を感じます。

https://www.cocacola.co.jp/

BASE

ECサイト作成で有名なBASEは、BASEらしい色使いのデザインです。BASEの世界観が出ていると思います。また、営業ポイントも書いてあって、日本のサービスらしいと思いました。

https://thebase.in/

 

遊べるポイント

企業コーポレートサイトやサービスサイトだと、企業や商品の色を出したりしっかりとサービスを訴求したりしないといけないので掲載できるものが限られていると思うけど、404というのはエラー表示がされていたらそれでOKであり、なんらかのトラブルがないと滅多に表示されない「幻のページ」だから、ある意味一番遊べるページだと思う。
ちなみに、Setの404ページは…いつかで会えたら見てみてね

個性が溢れるページだと思うので、今後も調べていきたいなと思います。
むしろ、面白いページがあったら教えてください!

以上です!