”Setロゴマーク”
2021年4月23日  |  未分類

デザインは選択の塊

こんばんは、株式会社Setの勝田です。
今日はグラフィックデザインで思ったことをまたまた自分のためにまとめていきたいと思います。

 

 

まず…

グラフィックデザインは色、形、写真やイラスト、文字で構成されていてそれらをうまいこと切りはり、テクスチャーをつけてみたり、試行錯誤を繰り返して出来上がります。

私は美術大学へいくためには実技の方を勉強しなくてはいけなく、その中に色形文字使用してレイアウト、モチーフの扱い、情報をどう伝えるかを構成する力を試す色彩構成という実技の試験がありました。懐かしい…
1枚のまっさらな紙に出されたお題を自分独自に読み解きそれぞれのアンサーを出していくのですが、私はそれが大の苦手でした。
あの頃はただただ苦手だなという意識しかなかったのですが、どこが苦手なのか最近なんとなくわかってきたような気がします。

 

選択肢

色、形、文字、サイズ、当てはめる情報、どんな写真、イラスト、等々…選択肢が膨大だからです。
デザインは膨大に選択があり、大きな選択肢から小さな選択肢まであります。

どこに置くか、何色にするか、どの情報が大事か、どんなあしらいがいるのか、1つ1つ丁寧に正しい選択していくことによってやっと1枚のチラシやポスターが出来上がります。

勘で選んで伝えたい表現だ、と当たる時もありますが、しっかりとした理由がついて色や形を考えることによって絶対的に正しい選択肢ができるところとかが、面白くも難しいです。
そして考えに考え抜いて、最後まで最適な選択肢を選び続けたデザインは人の心を揺さぶるような素敵ものになるのだと思います。

最後に

グラフィックデザインを今まで避けてきた傾向があったのでそこに直面してどこにどうして自分が悩んでいるのかがわかった気がします。

デザインの基礎的なことができていないのと、おそらく文字のレイアウトと、どの情報をどのように入れるのかを考えるのが苦手なため個人的にイラストを描くときに文字も入れてみてレイアウトの練習もしてみます。

普段の生活でも優柔不断で悩みがちですが、デザインの良い悪いの選択肢は自分でできるようになりたいと思いました。がんばるぞ。