”Setロゴマーク”
2021年3月15日  |  Design

私のシンボルマーク

こんにちは。Setの池田です。

今日は私が学生時代に制作した、自分のシンボルマーク・ロゴタイプのお話をしたいと思います。

 

大学3年生の時に制作したのでもう3年前くらいのものになるのですが、今でもすごく気に入っているので、紹介したいと思います。

A.自分の嫌いなところを強調させたマーク

このマークは、人前に立って緊張した時や、恥ずかしいことがあった時にすぐに顔が真っ赤になるという自分のコンプレックスな部分を好きになるために、あえてそれを強調させたマークにしようと思い、表現したものです。

 

猿のように耳が真っ赤になっているところがポイントで、色味も朱色に近い色を使い、髪の色、唇のピンクの色とバランスが良くなるようにまとめました。

 

ロゴタイプの部分には、これも少し自分で嫌だなと思っている、顔にほくろが多い部分を、黒い点で表現しています。

 

 

B.自分の名前の漢字×和

これは、私の名前である”百々子の百”の漢字から考えたシンボルマークです。

私は和のデザインが好きで、日本人らしい和を表すマークを作りたいと思い、制作したものです。

 

百の漢字を富士山に見たて、横に日の丸を置き、日本らしい和を表現しました。

ロゴタイプにも日の入りや日の出を表現した日の丸を入れています。

 

 

 

紹介した2つに絞るまでに約100個くらいアイデアをスケッチしました。

 

そのスケッチブックには意味の分からないマークなんかもたくさんあるのですが、そんなものまでもお気に入りです。自分のシンボルマークだから、自分の好きを詰め込んで好きにデザインできてとても楽しかった。

これらのマークを使った便箋や封筒、名刺も作って今でも便箋なんかはたまに使っています。

 

以上、私が学生時代に制作した、シンボルマークについてのお話でした!