”Setロゴマーク”
2021年3月12日  |  Column

Backlogを使ってみる vol.2

こんばんは。株式会社Setのディレクター高野です。

先週の「Backlogを使ってみる」に続いて、第二弾を書いていこうと思います。

今回は、「wiki」についてです。

 

wiki とは?

Backlog上の解釈としては、「みんなが自由に編集できるwebサイトの総称」とのことです。
簡単に言えば、その関連(関係者)の掲示板みたいな感じに思ってもらえたらと思います。

例えば、webサイトの制作を行いたいときに、「モックアップはここに集約」や「このアプリにおいてのユーザ別権限は、OOOOOO」など、必要な情報を集約できます。

僕が使っている使い方で言うと、データの集約に使っていたりします。
例えば、スケジュールを確認して、関連するデータを探さないといけない、となったときに、スケジュールはBacklogで確認して、その後データの確認をGoogleDrive開いて1から確認して…となると検索したり整理できていないとどこにあるか?と時間がかかってしまうが、BacklogにURLなどをつけて集積しておくと、Backlog1カ所で解決することができる。

最近使って思うこと

まだまだ全然使いこなせていないのが現状かなと思っています。

マイルストーンの設定とかは最近やりはじめたし、多分まだ知らない機能もついている可能性がある。

だから、もう少し研究してやっていきたいと思います。

 

次は実際の使用例(サンプル)を入れながら書いてみようと思います。

 

以上です!

Backlog wikiはこちら